BIGLOBE WiMAXの『キャンペーン・キャッシュバック』『SIMのみプラン』2大メリット大調査

BIGLOBE WiMAXのキャンペーン・キャッシュバック・SIMのみプラン

「BIGLOBE WiMAX良いかも」となった時、最も気になるのが、

  • キャンペーンキャッシュバックの内容

でしょう。
そこで今回は、2021年11月現在のキャンペーンについて深掘りして行きたいと思います。

また実はBIGLOBE WIMAXには、他にもキャンペーンレベルのメリットが5つもありますので、
特に注目の、

  • SIMのみで契約出来るプラン

を中心に紹介していきましょう。

なおデメリットについても探り、

  • BIGLOBE WIMAXが自分にとって「買い」かがキッチリ分かる

という記事になりましたので、是非覗いてみてください!

BIGLOBE WiMAXの「キャンペーン」「メリット・デメリット」まとめから

BIGLOBE WiMAXの「キャンペーン」「メリット・デメリット」

それでは早速、データを交え探って行きたいと思いますが、
「時間が無いので結論から教えて」という方のために、

  • BIGLOBE WiMAXのキャンペーン・メリット・デメリットはコレとコレ!

という所を、まずご紹介して行きましょう。

BIGLOBE WIMAXのキャンペーン
  • 5G:¥10,000キャッシュバック
  • 4G(WIMAX2+):¥17,000キャッシュバック


なお、2021年11月現在5GのWiMAXのキャッシュバック額No.1は、

となっています。

BIGLOBE WiMAXのメリット
  1. SIMのみの契約も可能
  2. 契約期間の縛りが1年だけ
    (WiMAX最短)
  3. 解約金が1100円と非常に安い
  4. 5Gの料金が4G( WIMAX2+)と同額
  5. 口座振替での契約が可能
BIGLOBE WiMAXのデメリット
  1. 端末代金がかかる
  2. ハイスピードプラスエリアモードが有料
《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》
《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》

以上の様な形となっています。

この様にBIGLOBE WiMAXは、キャンペーン・メリット合計6つ・デメリット2つと、

  • 他のWiMAXと比べても特にメリットげ優位のプロバイダー

となっていました。

5GのキャンペーンはNo.1

特に5Gキャンペーンのキャッシュバック金額では、GMOとくとくBB WiMAXと並び、

  • ¥10,000とWiMAXNo.1のキャッシュバック金額

となっています。
(次章にランキング掲載)

しかし、GMOとくとくBB WiMAXは、

  1. キャッシュバック手続きが11ヶ月後
  2. 手続きが不自然に複雑
  3. ・案内メールに別途特別なパスワードが必要

    ・振込口座入力後の確認画面が無い等

という様な仕組みから、キャッシュバック受取率が非常に低くなっています。

この点BIGLOBE WiMAXは、

BIGLOBE WiMAX

  1. キャッシュバック振り込みは契約翌月
  2. 手続きは簡潔

となっており、トータルで見ると、

  • キャンペーンが最もオトクなWiMAX

と言えるでしょう。

《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》
《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》

【キャンペーン】¥10,000キャッシュバック(5G)

BIGLOBE-キャッシュバック_キャンペーン

ここからは、個々の「キャンペーン・メリット・デメリット」について、詳しく掘り下げていきたいと思いますが、

まずは、BIGLOBE WiMAXが開催している唯一のキャンペーンである、

  • ¥10,000キャッシュバック(5G)

から見てみましょう。

BIGLOBE WiMAXのキャッシュバックを他のWiMAXと比較

キャッシュバックのキャンペーンといえば、まず1番気になるのは金額でしょう。
そこで、冒頭の結論でもご紹介した、

  • WiMAXのキャッシュバックキャンペーンNo.1はBIGLOBE

は本当なのか、他のWiMAXと比較していきたいと思います。

そこで、2021年11月現在の各WiMAX(5G)が実施しているキャッシュバックキャンペーンの金額をランキング化すると以下の形となります。

《見切れる場合は、タテ横ともスクロール可能です》

順位WiFi名CB月額料金事務手数料
BIGLOBE WiMAX¥10,000¥3,980¥3,000
1とくとくBB WiMAX¥10,000¥4,413¥3,000
3BROAD WiMAX¥5,000¥4,830¥3,550
3Vision WiMAX¥5,000¥4,628¥0
5UQ WiMAX¥0¥3,880¥3,000
5hi-ho WiMAX¥0¥4,491¥3,000
5カシモWiMAX¥0¥4,750¥3,000
5DISM WiMAX¥0¥4,047¥3,000

BIGLOBE WiMAXのキャッシュバック額は同率1位

5GのWiMAXは4月スタートということもあり、現状8種類のプロバイダーでのみ供給されています。
(WiMAX2+は41種類)

スタート当初ということもあり、全体的にキャッシュバック額が低めな中、

  • BIGLOBE WiMAXは¥10,000の大台に乗せ同額ながら1位
    (GMOとくとくBB WIMAXと同額1位)

となりました。

《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》
《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》

GMOとくとくBB WiMAXとキャッシュバックを比較

ここでキャッシュバックキャンペーン1位ながら、同額となると迷いが出る所です。

そこで、BIGLOBE WiMAXとGMOとくとくBB WiMAXの

  1. キャッシュバックの早さ
  2. キャッシュバックの手続きが面倒でないか

を比較し、トータルでどちらがオトクかを探ってみましょう。

キャッシュバックが早いのはどっち?

まずはキャッシュバックの時期がどちらが早いか比較してみましょう。
両社の、

  1. キャッシュバック手続き時期
  2. キャッシュバック振込時期

を調査した結果が以下となります。

販売代理店名付与日申請月
BIGLOBE WiMAX1ヶ月後1ヶ月後
とくとくBB WiMAX12ヶ月後11ヶ月後

この様に、“すぐもらえるBIGLOBE WiMAX”と“忘れた頃やっと手続きのとくとくBB WiMAX”という感じで、
手続き・振込時期共に、かなりの差がある形となっています。

GMOとくとくBB WiMAXは手続き忘れが多い

なおGMOとくとくBB WiMAXの手続きは、

  • サービス開始11ヶ月後

と、かなり間が空く形となっています。

忘れるユーザーが続出しており要注意

11ヶ月後となると、朝食の内容も午後にはボンヤリしてしまう自分としては、
「タイムカプセルに手続きの内容書いてあるからね」と言われるに等しい期間ですが、

実際に、手続き時期を忘れてキャッシュバックが消滅してしまったユーザーも多数報告されています。

とくとくBB-口コミ-キャッシュバック

このようにキャッシュバック忘れからの消滅を誘発するほどの期間が空くGMOとくとくBB WiMAXに対し、
BIGLOBE WiMAXは、まだ契約の記憶も新しい、

  • サービス開始の翌月に手続き可能
    (翌月15日から)

と、キャッシュバックを受け取りやすい体制となっています。

《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》
《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》

キャッシュバック手続きが面倒でないか

続いて、実は受け取り率に大きく関係している、

  • キャッシュバック手続きが面倒でないか

について比較してみましょう。
両社のキャッシュバック手続きのポイントを比較してみると以下となります。

BIGLOBE WiMAXとくとくBB WiMAX
申込サイトマイページでOK特別サイトへアクセス必要
案内メール不要特別サイトアクセスに必要
案内メールに
独自パスワードが必要か
メール自体不要別途郵送される
パスワード必要
口座情報の確認画面あり確認画面無し

パっと見てなかなかの違いがある事が分かりますが、以下各項目ごとに詳しく見ていきましょう。

特別サイトorマイページ

まず1つ目が手続き行うのが、

  • 特別サイトへ行く必要があるのか or 会員のマイページでできるのか

の比較になります。
GMOとくとくBB WiMAXでは、キャッシュバック手続き専用のサイトが開設されており、

  • 案内メールにあるURLからのみしか行けない

となっています。
これに対しBIGLOBE WiMAXでは、いつでも手軽にアクセス可能な、

  • 会員用のマイページでの手続きが可能

となっています。

手続きのしやすさで言えば、時折見る機会がある、

  • 会員用のマイページでの手続きが可能なBIGLOBE WiMAXが手軽

と言っていいでしょう。

キャッシュバック案内メールが必要か

続いて2つ目の項目が「キャッシュバック案内メールは必要か」になります。

これは1つ目の項目である「特別サイトorマイページ」とも関連しますが、
GMOとくとくBB WiMAXは特別サイトでの手続きしかできないため、

  • 特別サイトへのリンクを含んだ案内メールの確認が必須

となります。

BIGLOBE WiMAXは、前述の様にマイページでの手続きが可能なため、

  • 案内メールは送付されるが見落としても問題無し

となっています。

案内メールに独自パスワードが必要か

続いてが「案内メールに独自パスワードが必要か」です。

GMOとくとくBB WiMAXでは、GMOから付与されたアドレスに案内メールが送付されますが、
何とGMOアドレスへのログインパスワードだけでなく、

特別パスワード

キャッシュバック案内メールを開くため、別に特別なパスワードが必要

※別途郵送で送付

となっています。
企業秘密のやり取りでもするのであればアッパレと言った所ですが、既存ユーザーの口コミでも、

  • これが原因で案内メールを開けずキャッシュバックが貰えなかった

というものがいくつも見られます。

パスワードといえば、

  • 外部に知られたくない秘密の保持のための道具

ですが、キャッシュバック案内メールを誰に知られたくないのかと言えば、実はユーザーに知られたくないのでは(汗)

と勘ぐってしまう様な体制となっています。

この点についても、BIGLOBE WiMAXはメール自体不要なため手続きは非常に風通し良く簡単と言えるでしょう。

口座情報の確認画面

ショッピングサイトを始めホームページでは、情報の入力の後は、

  • 入力した情報が正しいかどうかの確認画面

が出るのが一般的です。
しかしGMOとくとくBB WiMAXでは、

  • キャッシュバック振込口座入力後確認画面は出ない

という形となっています。
後述しますがGMOとくとくBB WiMAXでは、

入力情報が間違いの場合

入力した口座情報が間違っていた場合、そのままキャッシュバック消滅

となるため、これはちょっと褒められた体制ではないと言っていいでしょう。
これに対しBIGLOBE WiMAXでは、口座情報入力後に確認画面が出る形となっています。

なおBIGLOBE WiMAXでは、入力情報の間違いなどによりキャッシュバック振込が出来なかった場合、

  • キャッシュバック再手続きの案内メールが送付

と、キャッシュバック受け取りが出来るよう2重に備えがある形となっています。

《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》
《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》

トータルでWiMAX(5G)キャンペーンNo.1はBIGLOBE WiMAX

以上、GMOとくとくBB WiMAXとBIGLOBE WiMAXのキャッシュバックキャンペーンについて見てきました。

比較してみるとまあまあ驚かされるポイントがあり、もちろん断言は出来ないものの、

  1. GMO:キャッシュバックを受け取らせたくない
  2. BIGLOBE:キャッシュバックを受け取らせたい

と勘ぐってしまう程の体制の違いがありました。

特にGMOとくとくBB WiMAXでは、実際にキャッシュバックを受け取れなかったユーザーが発生しているという所を見ても、

  • 確実に受け取れるBIGLOBE WiMAXがおすすめ

であると言って良いでしょう。

《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》
《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》

4G(WiMAX 2+)は¥17,000キャッシュバック

ここで4G回線であるWiMAX2+についても、BIGLOBE WiMAXのキャンペーンを見ておきましょう。

WiMAX2+でも、BIGLOBE WiMAXでは唯一のキャンペーンとして、

  • ¥17,000キャッシュバック

を行っています。

¥17,000キャッシュバックと言うと、決して少ない額ではありませんが、
他のWiMAXキャッシュバックキャンペーンと比較すると以下のような形となっています。

《見切れる場合スクロール可能です》

順位WiFi名CB月額料金
とくとくBB WiMAX¥27,500¥0
2BROAD WiMAX¥18,857¥0
3EXWiMAX¥17,500¥0
4BIGLOBE WiMAX¥17,000¥3,980
5クラウドモバイル¥10,000¥0
6JP WiMAX¥10,000¥0
7hi-ho WiMAX¥10,000¥0
83WiMAX¥0¥3,577
9smafi WiMAX¥0¥3,590
10カシモWiMAX¥0¥0
順位WiFi名CB月額料金
11DTI WiMAX¥0¥0
12space wifi¥0¥3,680
13Vision WiMAX¥0¥0
14ASAHIネット WiMAX¥0¥0
15UQ WiMAX¥0¥3,880
16YAMADA air mobile¥0¥3,880
17bic WiMAX¥0¥3,880
18クオルネットWiMAX¥0¥3,880
19KT WiMAX¥0¥3,880
20DISM WiMAX¥0¥3,880
順位WiFi名CB月額料金
21novas WiMAX¥0¥3,913
22famifi¥0¥3,980
23TikiモバイルWiMAX¥0¥3,990
24green WiMAX¥0¥4,010
25楽天ブロードバンド¥0¥4,015
26ソネットモバイルWiMAX¥0¥0
27コミュファ光 WiMAX¥0¥4,084
28アットTcom¥0¥4,196
29ワイヤレスゲートWiMAX¥0¥4,268
30advent WiMAX¥0¥4,280
順位WiFi名CB月額料金
31縛りなしWiFi¥0¥4,300
32@nifty WiMAX¥0¥0
33j:com¥0¥4,379
34ノジマ WiMAX¥0¥4,499
35toppa WiMAX¥0¥4,713
36Drive WiMAX¥0¥4,818
37au¥0¥4,880
3888mobile¥0¥7,200
39Mobile Peace¥0¥8,990
40NETAGE¥0¥11,000
順位WiFi名CB月額料金
41Mobile Peace¥0¥12,090

このように、全41種のWimax中で4位とトップクラスなものの、上には上がいるのも事実で、
キャッシュバックキャンペーンをベースに考えると、おすすめは、

  • 純粋にキャッシュバック額が最も多い物がいい場合
     → GMOとくとくBB WiMAX
  • 確実に受け取れてキャッシュバック額も高い物が良い場合
     → Broad WiMAX

となります。

BIGLOBE WiMAXには多彩なメリットが

他のWimaxの場合ここで話が終わってしまいますが、BIGLOBE WiMAXにはキャンペーン以外にも冒頭でご紹介した、

  • キャンペーンレベルの5つのメリット

が存在します。
ご自身のニーズによっては、かなりハマる可能性もあるので、ぜひ以下チェックしてみてください。

【メリット①】SIMのみでの契約が可能

SIMのみ契約が可能

キャッシュバックキャンペーンに続いて、ここからは、

  • BIGLOBE WiMAXのキャンペーンレベルの5つのメリット

についてご紹介していきましょう。

まずはGoogleでの検索数も多く注目度が高い、

  • SIMのみでの契約が可能

になります。

SIMのみはBIGLOBE WiMAXだけ

SIMのみでのWiMAX契約は、

  • スマホなどに挿せばモバイルルーター端末が必要なくなる

という所からかなりニーズは高いものとなっています。
しかし運営元のUQ WiMAXとの契約の関係か、

SIMのみWiMAX

SIMのみでのWIMAX契約が出来るのははBIGLOBE WiMAXのみ

となっています。このことから、DSDSスマホなどにWiMAXのSIMを挿れて使いたいという方は、BIGLOBE WiMAX1択と言ってもいいでしょう。

《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》
《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》

SIMのみ契約のメリット【DSDSスマホと共用】

続いてここでは、詳しい方は既にご存知と思いますが、

  • SIMのみ契約のメリット

を今一度ご紹介していきましょう。
結論からご紹介すると以下の3点となります。

SIMのみ契約のメリット

  1. SIMのみ契約は端末契約よりも割安
  2. 今まで使っていたWiMAX端末を使える
  3. DSDSかつWiMAX対応スマホに挿して使える
  4. 5Gスマホを安く使える

① SIMのみ契約は端末契約よりも割安

まずは「SIMのみ契約は端末契約よりも割安」となること見ていきましょう。

BIGLOBE WiMAXのSIMのみ契約と端末契約で実際に支払う費用を比べると、以下の様になります。

《見切れる場合スクロール可能です》

プラン名実月額料金端末代金キャッシュバック月額料金契約解除料12ヶ月総費用
SIMのみプラン¥4,653¥0¥0¥3,980¥3,000¥55,836
端末プラン¥5,646¥21,912¥10,000¥3,980¥3,000¥67,748

このようにSIMのみ契約の場合、

  • キャッシュバックの¥10,000は無し

となってしまいますが、その分、

  • 端末代¥19,920は支払わなくてOK

となるため、SIMのみプランの方が差し引き¥11,912安く使う事が可能となります。
この結果支払い総費用のひと月分である「実月額料金」も、

  • 毎月約¥1,000安」と大きくオトク

となりました。

¥10,000以上をキャンペーンや割引で還元しているWiMAX2+は、全体でも3・4種類しか存在しません。

この辺りを考えても、総額¥11,912のオトク度はなかなかのものと言っていいでしょう。

今まで使用していたWiMAX端末を使える

続いてのメリットが「今まで使用していたWiMAX端末を使える」になります。

これは以下のような方には朗報と言えるでしょう。

  1. 今まで使っていた端末が余るのはもったいない
  2. 今まで端末無料のプロバイダーを契約してきたが現状契約可能な端末無料プロバイダーがない

①・②の方共に、使用可能な端末を持っている方に今1つメリットとして

  • 端末が壊れてもWiMAXへの高額の修理代金を心配する必要がない

というものがあります。

高額な修理代金を心配しなくて良い理由

モバイルルーターは、端末買取レンタル問わず、故障破損の場合多額の修理代金が発生します。
(概ね¥20,000〜)


ここで裏技という程ではありませんが、

  • Amazonやメルカリなどで販売されている中古新品端末を使用する

という手があります。
しかしモバイルルーター各社は、端末の修理・交換は対応するものの、

  • ユーザーが別途用意した端末にSIMを載せ替え

には対応していません。

SIMのみ契約であれば、SIMを自由に各種端末に挿すことができるため、
・Amazonメルカリ等で購入の安い端末にSIMを挿すことが可能
となっています。

特に「WiMAXを持ち歩くことが多い」という方は、ぜひ考慮して頂ければと思います。

DSDSかつWiMAX対応スマホに挿して使える

続いてのメリットが「DSDSかつWiMAX対応スマホに挿して使える」になります。

おそらくこれが最も大きいメリットになるかと思いますが、

  • スマホにSIMを挿して使う事で、端末を持ち運ばなくてよくなる

となります。

DSDSスマホ

DSDS=デュアルSIMデュアルスタンバイの略で、

  • 通話用のSIM+もう1枚ネット接続用SIMの2枚を装着可能

であるスマートフォンとなります。

なお、同様のシステムを更に進化させたものに、DSDV, DSDAがありますが、あると便利な、

  • 通話中にもう1枚のSIMでネットで調べものをする

については、現状最上位概念であるDSDA対応のスマホである必要があります。

この様に、わざわざWiMAXの端末を持ち歩かずとも、

  1. スマホでWiMAX回線に接続することが可能
  2. WiMAXのデータ容量月間約100GBが使用可能

となるため非常に便利と言っていいでしょう。

なおここで気になるDSDSかつWiMAX対応のスマホですが、現在、主に以下の機種となっています。

機種名DSDSDSDA
Apple
iPhone 13
iPhone 13 Pro
iPhone 13 Pro Max
iPhone 12
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max
iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone XS Max
iPhone XR
機種名DSDSDSDA
SAMSUNG
Galaxy Z Fold3 5G (※)
Galaxy Z Flip 3 (※)
Galaxy S21 (※)
Galaxy Z Fold 2 (※)
Galaxy Z Flip 3 (※)
Galaxy Note 20 Ultra (※)
Galaxy S20 Ultra 5G (※)
Galaxy S20 (※)
機種名DSDSDSDA
SONY
Xperia 10 Ⅱ
Xperia 5 Ⅱ
Xperia 5
Xperia 1 Ⅱ
Xperia 1
機種名DSDSDSDA
SHARP
AQUOS zero2
AQUOS sense5G
AQUOS sense3 plus
AQUOS sense3
機種名DSDSDSDA
Google
Pixel 5
機種名DSDSDSDA
HTC
HTC U11
(一部モデル)
表中の機種は全てWiMAXの電波の受信OKです。

※:一部海外機種のみ

「SIMのみプランが気になる」という方の多くはDSDS系スマホへの装着を狙っているかと思われますが、

  • SIMのみプランはBIGLOBE WiMAXのみ

となっていますので是非活用してみてください。

《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》
《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》

5Gスマホを安く使える

最後のメリットが「5Gスマホ安く使える」になります。

現状5Gスマホはまだ展開間もないということもあり、

  • 5Gプランは月額料金が高い

という残念な状況です。
ここで4大キャリア(ドコモ・au・Softbank・楽天)の5Gプランで、最も基本的なものの料金を調べてみました。

キャリア名月額料金プラン名
docomo¥7,3155Gギガホ プレミア
au¥7,238使い放題MAX 5G
Softbank¥7,238メリハリ無制限
楽天¥3,278Rakuten UN-LIMIT VI

楽天を除く3大キャリア(ドコモ・au・Softbank)については、¥7,000オーバーと高額となっていました。

こうなると「楽天の5Gスマホなら安く使えるか」となりそうですが、現状の楽天の5Gエリアは、

  1. マップ上でも都市部の一部エリアのみ
  2. マップ上でエリア内となっていても使えない場所あり

という状況で、モバイルルーター・スマホ本来の「多種多様な場所で使う」という使い方をされる場合は、現状あまりおすすめはできません。
そこで出てくるのが、

「使える」5Gを安く

格安SIMで安くスマホを契約し、BIGLOBEの5GのWiMAXのSIMカードを挿して使う

になります。
2021年11月現在、すでに以下の様な格安SIMでは「5G × WiMAX対応」の端末の販売がスタートしています。

  1. mineo:Xperia 10 III Lite・AQUOS sense5G・ZenFone 7など
  2. OCNモバイル:iPhone 12・Xperia 10 III Lite・AQUOS sense5Gなど
  3. BIGLOBEモバイル:Xperia Xperia 10 III Liteなど

このようにDSDS系スマホとBIGLOBE WiMAXのSIMのみプランを組み合わせると、
非常に安く5Gスマホを使えるため「5Gのスマホを先取りしたい!」という方はぜひ検討してみてください。

《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》
《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》

【メリット②】契約期間1年【縛りが短い】

契約期間が1年と縛りが短い

続いてのBIGLOBE WiMAXのメリットが「契約期間が1年と縛りが短い」になります。

ちなみに、BIGLOBE WiMAX以外のWiMAXは全て、

  • UQ WiMAXに習って契約期間は3年

と非常に長いくなっています。

一度使い始め満足度が高ければ、契約期間の長さはあまり問題にはなりませんが、

契約当初にいきなり「3年契約です」と言われると、やはりタジろいでしまう方が殆どでしょう。
また、

  • 5Gへの移行期間に1つの回線にあまり縛られたくない

というのも重要なポイントです。

こういった中、

  • BIGLOBE WiMAXはプランが1年縛りの物のみ

となっており、
特に「5Gへの移行期間」にあっては、非常におすすめのWiMAXと言えるでしょう。

縛りなしのWiMAXについて

実は多少マニアックなレンタルWifiに目を向けると、

  • 契約期間自体がないいわゆる縛りなしのWifi

が存在します。

これらは本サイトでも一部おすすめさせて頂いているものの、残念ながら2021年11月現在WiMAX端末が枯渇しており、

  • 全ての「縛りなしWiMAX」は申込停止中

となっています。

上記のような状況もあり現在、

  • BIGLOBE WiMAXは最も契約期間が短いWiMAX

となっています。

この辺り、特に「契約期間が短いWiMAX」を探している方は、現在BIGLOBE WiMAX1択と言っていいでしょう。

《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》
《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》

【メリット③】解約違約金が¥1,100と安い

解約違約金が¥1,100と安い

続いてのメリットが「解約違約金が¥1,100と安い」になります。

総務省の指導もあり、スマホ業界ではぐっと安くなってきた解約違約金ですが、
「光回線」「モバイル回線」などのインターネット回線においては、

  • 今だに万単位の解約金がかかる

というのが実情です。
そういった中、BIGLOBE WiMAXではいち早く、

  • 解約金を大きく引き下げて¥1,100

を打ち出しています。

「気軽に出れる=気軽に入れる」ですので、

  1. お試しを含めWiMAXを導入してみたい
  2. 自由で手離れの良いネット回線が良い

という方にはBIGLOBE WiMAXはかなりおすすめと言えるでしょう。

解約金を他のWiMAXと比較

解約金が¥1,100と非常に安いBIGLOBE WiMAXですが、ここで解約金を他のWiMAXと比較することで、本当にオトク度が高いのかを確認してみましょう。

各WiMAXの使用年数ごとの解約違約金を、
表にまとめてみましたのでどうぞご覧ください。

《見切れる場合は、タテ横ともスクロール可能です》

順位WiFi名解約金
1年目2年目3年目
BIGLOBE WiMAX¥1,100¥0¥0
2UQ WiMAX¥1,100¥1,100¥1,100
3au¥10,450¥10,450¥10,450
bic WiMAX¥10,450¥10,450¥10,450
DISM WiMAX¥10,450¥10,450¥10,450
KT WiMAX¥10,450¥10,450¥10,450
YAMADA air mobile¥10,450¥10,450¥10,450
クオルネットWiMAX¥10,450¥10,450¥10,450
クラウドモバイル¥10,450¥10,450¥10,450
ワイヤレスゲートWiMAX¥10,450¥10,450¥10,450
順位WiFi名1年目2年目3年目
4@nifty WiMAX¥20,900¥15,400¥10,450
advent WiMAX¥20,900¥15,400¥10,450
ASAHIネット WiMAX¥20,900¥15,400¥10,450
BROAD WiMAX¥20,900¥15,400¥10,450
Drive WiMAX¥20,900¥15,400¥10,450
DTI WiMAX¥20,900¥15,400¥10,450
EXWiMAX¥20,900¥15,400¥10,450
ソネットモバイルWiMAX¥20,900¥15,400¥10,450
j:com¥20,900¥15,400¥10,450
novas WiMAX¥20,900¥15,400¥10,450
smafi WiMAX¥20,900¥15,400¥10,450
TikiモバイルWiMAX¥20,900¥15,400¥10,450
カシモWiMAX¥20,900¥15,400¥10,450
順位WiFi名1年目2年目3年目
5hi-ho WiMAX¥20,900¥20,900¥10,450
6Vision WiMAX¥28,050¥21,450¥14,300
とくとくBB WiMAX¥28,050¥21,450¥14,300
7JP WiMAX¥33,000¥27,500¥10,450
8PC Depot WiMAX解約金非記載(問題有りの可能性大)

このように各WIMAXが¥10,000〜¥30,000の解約違約金を徴収する中、

  • BIGLOBE WiMAX
  • UQ WiMAX

の2つのWiMAXのみ、解約金¥1,100と段違いに安価な解約違約金となっていました。

なお、解約金¥1,100の2社の間には以下のような違いがあり

2社の違い

  1. UQ WiMAX:無料解約月以外はずっと解約金¥1,100が発生
  2. BIGLOBE WiMAX:最初の12ヶ月を過ぎると解約金は¥0

この様にBIGLOBE WiMAXは、最初の契約期間(12ヶ月)を過ぎてしまえばいつ解約しても一切解約金がかかりません

この辺りからも、BIGLOBE WiMAXは「最も気軽に入れるWiMAX」と言えるでしょう。

《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》
《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》

【メリット④】5G料金が4G(WiMAX 2+)と同額

5G料金4G(WiMAX)と同額

続いてのメリットが「5G料金が4G(WiMAX 2+)と同額」になります。

5Gは新規格で性能も高く、当然各WiMAXでは

  • 5Gプランの方が月額料金が高い

という形になっています。
しかしBIGLOBE WiMAXでは、月額料金は、

  • 5Gは4G(WiMAX2+)と同額
    (¥3,980(税込¥4,378))

と料金が抑えられています。

WiMAXの5Gプランのメリット

4G(WiMAX2+)と同額で使用可能なBIGLOBE WiMAXの5Gプランですが、ここでその他のWiMAXの5Gプランのメリットについて見て行きましょう。

5G自体はまだ少し未来の技術

以下ご紹介するように、WiMAXの5Gプランは非常にオトク度の高いプランになります。

しかし5G自体は、

  1. 2021年11月現在エリアが非常に狭い
  2. 「超高速・低遅延の5G」の本丸の周波数「ミリ波」はまだ時間がかかる
  3. 現状は5Gへの橋渡しとも言える、中間的な周波数「Sub6」がメインです。

といった状況から、残念ながら5G自体は「まだほとんど使えない」状態となっています。

この様に、5Gプランの主役である5G自体はまだあまり使えません。
しかし、

  • それでも「WiMAXの5Gプラン」は非常にオトク度が高い

ということで以下その理由を追ってみましょう。

理由①:電波が繋がりやすくなる

まず理由の1つ目が「電波がつながりやすくなる」になります。
前述のようにWiMAXは、

  • 高い周波数のみを使うため屋内で繋がりにくい

というデメリットがありました。

  • 高い周波数の電波:壁等で跳ね返され、室内で繋がりにくい
  • 低い周波数の電波:壁等も浸透して、室内で繋がり易い

しかし5Gプランでは、

  • auの「繋がる低い周波数」が使用可能

となるため、マンション・ビル内でも使えるケースが非常に多くなっています。

具体的には以下のような形となります。

周波数4G
(WiMAX2+)
 5G 
3.7GHz(5G)×
2.5GHz
2.1GHz×
1.7GHz×

このようにWiMAX2+では高い周波数「2.5Ghz」1本だったものが、5Gプランの場合、

  • auの「1.7GHz」という多少低めの周波数の電波が使える

ため、屋内でもつながるケースが増えています。

プラチナバンドよりは周波数が高い

前述のように、理想的には、

  • 1GHz=1000Mhz未満の場合、屋内・建物内はほぼ障害とならない

となり、その繋がりやすさから1GHz未満をプラチナバンドと呼んだりもします。
これに比べると5Gプランの「1.7GHz」「2GHz」は多少つながりにくくなりますが、

  • 周りが開けたマンション・ビル
  • 基地局に比較的近いエリア内のマンション・ビル

などでは受信が可能になるケースが多いでしょう。

この辺にマンション・ビル内でも、比較的環境が良い場合は、

  • 月額料金も安いBIGLOBE WiMAXの5GBプラン

を試す価値が大いにあると言えるでしょう。

《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》
《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》

理由②:3日制限が10GB → 15GB

続いてのメリットが「3日制限が10GB → 15GB」になります。

WiMAXは「月間データ容量無制限」と言いつつも、3日間で10GB制限(月間も実質約100GB)が存在し、これを超過すると低速化に入ります。
しかし5Gプランになるとこれが、

  • 3日間で15GB制限
  • (月間も実質150GB)

と、3日あたり5GB・月間で約50GB増える形となります。

100GBも、データ容量消費の主役である「動画」「ネットゲーム」をかなり視聴しない限り到達しない大容量です。

しかし、在宅勤務の普及によるZOOM等の多用によって、100GBを超過するケースが目立ってきており、
こういった方々にはWiMAXの5GBプランはおすすめの選択肢となるでしょう。

プラスエリアモードも15GB

なおauのプラチナバンド(1GHz未満)が使用可能となるオプション、ハイスピードプラスエリアモードですが、
これについても、

  • 月間7GB制限 → 月間15GB制限

2倍以上使える形となります。

名称もWiMAX2+における「ハイスピードプラスエリアモード」から、「プラスエリアモード」と変わります。

今までのハイスピードプラスエリアモードですと

  • 月間7GBではほとんど使い物にならない

というオプションでしたが、
大容量とは言えないものの、15GBあれば多少使えるオプションかと思われます。

特に、

  1. マンション・ビル内
  2. 地下鉄
  3. 地下街

などでの使用頻度が多い方は、5Gプランの検討の価値があるでしょう。

《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》
《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》

【メリット⑦】口座振替での支払いが可能

口座振替

続いてのメリットが「口座振替での支払いが可能」です。

最近のモバイルルーターの支払い方法の傾向として、

  • クレジットカード払いにのみ対応で口座振替は非対応

というものがあります。

口座振替の場合、料金の不払い・延滞のリスクがそのままモバイルルーター各社に降りかかってくるため、致し方ないと言えるでしょう。

実際スマホを含め口座振替対応の事業者は、

  1. ドコモ
  2. au
  3. Softbank
  4. 楽天

といった企業規模が大きい事業者がほとんどとなっています。

こういった中ですが、BIGLOBE WiMAXは口座振替に対応しています。

他にも独自のメリットが多いBIGLOBE WiMAX、それら独自メリットを組み合わせた、

  1. SIMのみ契約+口座振替
  2. 契約期間が短い+口座振替

などを希望する方は特に、BIGLOBE WiMAX1択と言っていいでしょう。

口座振替の注意点

他社も同様ですが、口座振替はクレジットカードとは条件が異なる場合がほとんどです。

そこでBIGLOBEの口座振替についても、「条件が変化する部分」をチェックしてみると以下の3つになります。

  1. 口座振替手数料:¥220
  2. 端末一括支払い
  3. 代金引換手数料:440円

口座振替手数料:¥220

口座振替の場合、毎月の支払いにおいて月額料金にプラス、

  • 口座振替手数料:¥220

が発生します。
こちらは初期費用のように契約後1回ではなく、毎月発生する手数料となります。

端末一括払い

クレジットカードの場合端末料金は、毎月¥800✕24ヶ月の分割払いですが、
口座振替の場合は、

  • 端末代金¥19,200を端末受取時に代引きで一括支払い

となります。
クレジットカード払いよりも初回の負担が大きくなりますので注意していただければと思います。

代引き手数料:¥440

最後が代引き手数料ですが、口座振替の場合端末を代引きにより支払うため、

  • 代引き手数料:¥440

が別途発生します。

この様に口座振替の場合、もろもろ細かい手数料が発生します。

しかし、口座振替可能な他社で口座振替を選択した場合、

  1. キャッシュバックの適用が無くなる
  2. 特典が対象外

といったものも多いため、比較すると、

  • BIGLOBE WiMAXの口座振替はデメリットは少ない

と言えるでしょう。

《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》
《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》

【メリット⑤】月額料金が¥550割引(24ヶ月間)

月額料金¥550割引

続いてのメリットは、多少小ぶりのため冒頭には掲げませんでしたが「月額料金が¥550割引(24ヶ月間)」です。

各種WiMAXの月額料金は、各社とUQ WiMAXの契約形態により多少の差はありますが概ね¥4000台中盤となっています。
BIGLOBE WiMAXではそこから、

  • キャッシュバックとは別に月額¥550の割引が24ヶ月間

入る形となります。
これにより最初の24ヶ月間の月額料金が¥3,980(税抜)と¥3,000台に突入しています。

  • 割引総額も¥13,200と¥10,000超え

となりますので、なかなか嬉しい割引となっています。

BIGLOBE会員は更に¥220割引

BIGLOBE WiMAX以外にも光回線・格安SIMスマホも運営しています。

これらを使っている方がBIGLOBE WiMAXを契約する場合、

  • 月額料金がさらに¥220割引

となります。

特に「格安SIMスマホ+BIGLOBE WIMAX」の組み合わせは、

  • トータルの通信費=ネット料金+スマホ料金

が、組み合わせによっては¥4000台で収まり非常にオトクです。

これに加えて¥220割引もあるため、「通信費全体を節約したい!」という方は、

  • BIGLOBEモバイルのスマホ+BIGLOBE WiMAX

の組み合わせは非常におすすめですので、是非検討してみてください。

《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》
《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》

【メリット⑥】サービス開始月は月額料金が無料

開始月は月額料金無料

続いてのメリットも、冒頭には掲げませんでしたが「サービス開始月は月額料金が無料」になります。

一般的にはモバイルルーターは、残念ながら、

  • サービス開始月も、使用日数にかかわらず1ヶ月分課金

という所が多くなっており、料金的にオトク度が高いいくつかのモバイルルーターでも、

  • サービス開始月の料金は日割り

となっています。

こういった中BIGLOBE WiMAXでは、

  • サービス開始月の月額料金は無料

となっています。
特に月初め契約の場合、

  • サービス開始月の月額料金まるまる¥0

となるため、契約時期も月初めを狙って申し込みをしてみるのがいいでしょう。

以上BIGLOBE WiMAXのメリットについて紹介していきました。

今一度メリットをまとめると以下の形となります。

BIGLOBE WiMAXのメリット
  1. SIMのみの契約も可能
  2. 契約期間の縛りが1年だけ
    (WiMAX最短)
  3. 解約金が1100円と非常に安い
  4. 5Gの料金が4G( WIMAX2+)と同額
  5. 口座振替での契約が可能
  6. 月額料金が¥550割引(24ヶ月間)
  7. サービス開始月は月額料金が無料

特に「SIMのみ契約が可能」「契約期間が1年と短い」については、

  • 他のWIMAXには無いBIGLOBEモバイルのみのメリット

となります。

この辺りがニーズに合う方は、非常にBIGLOBEモバイルがおすすめとなりますので、ぜひ検討してみてください!

《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》
《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》

【デメリット①】端末代金が発生

端末代金

続いてここからはBIGLOBE WiMAXのデメリットについて見ていきましょう。

まず1つ目が「端末料金が発生」になります。

端末無料プロバイダーについて

WiMAXの中でもいくつかのプロバイダーは「端末無料」を打ち出しています。

主な物には実月額料金の安さNo.1,2である「GMOとくとくBB WiMAX」「Broad WiMAX」があります。

しかしこれら特に「GMOとくとくBB WiMAX」には問題があり、

  • キャッシュバックが非常に受け取りにくい

という大きなデメリットがあります。
(これについてはGMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバック記事にてご覧いただければと思います)

このため「どうしても端末無料がいい!」という方はBroad WiMAXを検討して頂くのがおすすめです。
参考記事:Broad WiMAXのキャンペーンについての記事

本家UQ WiMAXを始め端末代金がかかるプロバイダーも多くなっていますが、

やはり「支払総額の1ヶ月分である実月額料金」を計算してみると、

上記のような「端末無料のプロバイダー」が非常にオトクとなっています。

上記より、「SIMのみ」「短い契約期間」といったポイントより、
「実際に支払う料金が安い方がいい!」という方は、

  • 安くキャッシュバックも確実なBroad WiMAX

がオススメとなるでしょう。

《“1番売れてる”WiMAXはコレです》
《“1番売れてる”WiMAXはコレです》

【デメリット②】ハイスピードプラスエリアモードが有料

ハイスピードプラスエリアモード有料

続いてのデメリットが「ハイスピードプラスエリアモードが有料」になります。

ハイスピードプラスエリアモードとは

ハイスピードプラスエリアモードは前記のように、

  • auのマンションビル内でも繋がるプラチナバンドが使えるオプション
    (プラチナバンド:999MHz以下の電波)

になります。

※5GBのプランでは同様のオプションを「プラスエリアモード」と呼んでいます。

プラチナバンドは、電波が届きにくい場所でも非常に繋がりやすくなるため、特に

  • マンション・ビル内、走行中の地下鉄等で使う機会の多い方にはオススメ

となります。

無料のプロバイダー

中には、ハイスピードプラスエリアモードが無料のプロバイダーも存在し、
代表的なのが、端末無料の部分でも挙げた

  1. GMOとくとくBB WiMAX
  2. Broad WiMAX

になります。

GMOとくとくBB WiMAXは前記のように、

  • キャッシュバック受け取りが非常に難しい

と言う問題があるため、
「ハイスピードプラスエリアモードを使ってみたい!」という方は、

  • 安くキャッシュバックも確実なBroad WiMAX

がおすすめとなるでしょう。

参考記事:Broad WiMAXメリット・デメリットについて

ハイスピードプラスエリアモードは7GB(15GB)制限

ここで、実はハイスピードプラスエリアモードにも残念な点があり、
それが、

  • 月間7GBしか使えない
    (5Gの「プラスエリアモード」は15GB)

になります。
正直7GBと言うと、動画・高精細動画のネットゲームなどを行うと2〜3日で終わってしまうデータ容量となります。

このため実はハイスピードプラスエリアモードは使えない事が多く、正確にはニーズごとのおすすめ回線は以下の形となるでしょう。

  • マンション・ビル内で使うことが多い+動画等を視聴することが多い
    光回線
  • マンション・ビル等で使うことが多い+動画はあまり見ず一般サイトの閲覧が多い
    WiMAX+ハイスピードプラスエリアモード
  • マンション・ビル内でネ使うことは少ない
    BIGLOBE WiMAX(ハイスピードプラスエリアモード無し)

【デメリット③】5Gはauスマートバリューmineが非適用

5Gはauスマートバリューmineが非適用

続いてのデメリットは、BIGLOBE WiMAXに限らずWiMAX全体のデメリットになりますが、

  • 5GのプランはauスマートバリューMineが非適用

になります。

au系のネット回線、

  • auひかり
  • WiMAX

を契約する場合、スマホもauだと、

  • スマホの料金が最大1000円安くなるスマートバリューが適用

となるため、合わせてauスマホを使う方は多いと思われます。
しかし、BIGLOBE WiMAXに限らず全WiMAXにおいて、

  • 5Gのプランはauスマートバリューmineの対象外

となります。

WiMAX+auスマホのスマートバリューは、
「auスマートバリューmine」という名称で運用されています。

なお、wimax2+のプランであれば、現在も「auスマートバリューmine」が適用されます。

以上から、5Gか4G(WiMAX2+)かは、

  • 前述の5Gプランのメリット
  • WiMAX2プラスとauスマートバリューmineのメリット

の2つを比較し、検討頂ければと思います。

5GはUQ mobileのギガMAX月割も非適用

WiMAXでは、同じくKDDI系列であるUQ moileスマホとの同時使用割引が存在します。

実はこれについても、5Gプランの場合割引対象外となります。

UQ mobileのギガMAX月割

WiMAXとUQ mobileを同時使用した場合、

  • UQ mobileスマホが最大月額¥500割引

となる「ギガMAX月割」というものが存在します。

格安スマホの1つであるUQモバイルが更に月額¥500割引となるため、なかなかオトクな割引と言えますが、
残念ながら5GプランではギガMAX月割は対象外となっています。

BIGLOBE WiMAXのメリット・デメリットのまとめ

以上BIGLOBE WiMAXのメリット・デメリットについて詳しくご紹介してきました。

ここで今一度メリット・デメリットをまとめると、以下の形となります。

BIGLOBE WiMAXのメリット
  1. SIMのみの契約も可能
  2. 契約期間の縛りが1年だけ
    (WiMAX最短)
  3. 解約金が1100円と非常に安い
  4. 5Gの料金が4G( WIMAX2+)と同額
  5. 口座振替での契約が可能
  6. 月額料金が¥550割引(24ヶ月間)
  7. サービス開始月は月額料金が無料
BIGLOBE WiMAXのデメリット
  1. 端末代金がかかる
  2. ハイスピードプラスエリアモードが有料
  3. 5Gはauスマートバリューmineが非適用

このようにメリット7個・デメリット3個と、トータルでメリットが多いネット回線となっています。

BIGLOBE WiMAXは最安のWiMAXではありませんが、上記のように、

  • BIGLOBE WiMAXのみのメリット

際立ち、ニーズによっては「BIGLOBE WiMAX1択」となる、かなり面白い特徴を持つWiMAXでした。

このように、特に「SIMのみ」「短い契約期間」を重視する方は、
ぜひBIGLOBE WiMAXを検討いただければと思います。
《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》
《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》

BIGLOBE WiMAXの料金プランについて

料金プラン

ここからは、BIGLOBE WiMAXの料金プランについて詳しく見ていきましょう。

「回線」「支払い方法」以下の四つに分けてそれぞれ解説していきたいと思います。

  1. 5Gプラン(クレジットカード)
  2. 5Gプラン(口座振替)
  3. WiMAX2+プラン(クレジットカード)
  4. WiMAX2+プラン(口座振替)

それでは以下順番に見ていきましょう。

5Gプラン【クレジットカード】

まずは、5Gプラン(クレジットカード払い)です。

早速「端末も申し込む場合」「SIMのみの場合」双方について、月額料金の推移をチェックして行きましょう。

《見切れる場合は、タテ横ともスクロール可能です》

端末も申し込む場合
利用開始月1ヶ月目2ヶ月目3~24ヶ月目25・26ヶ月目27ヶ月目以降
月額料金¥0¥3,980¥3,980¥3,980¥4,480¥4,480
初期費用¥3,000¥0¥0¥0¥0¥0
端末代金¥0¥0¥0¥830¥830¥0
キャッシュバック¥0¥10,000¥0¥0¥0¥0
合計¥3,000¥6,020プラス¥3,980¥4,810¥5,310¥4,480
税込合計¥3,300¥5,622プラス¥4,378¥5,291¥5,841¥4,928
SIMのみプラン
利用開始月1~24ヶ月目27ヶ月目以降
月額料金¥0¥3,980¥4,480
初期費用¥3,000¥0¥0
合計¥3,000¥3,980¥4,480
税込合計¥3,300¥4,378¥4,928

このような形となります。

BIGLOBE WiMAXはWiMAXの中でもオトクな料金体系となりますが、特に25ヶ月目以降は¥550の月額割引が無くなるため、
当初から次の①・②どちらかのパターンで使うのがおすすめとなるでしょう。

  1. 12ヶ月未満で、違約金¥1,000と安い違約金で解約
  2. 12ヶ月以上24ヶ月以内の、支払い料金が安い期間使用し解約

端末あり・SIMのみについては、SIMのみプランが、

  • 端末代が必要ない分¥19,200プラス
  • キャッシュバックが無い分¥10,000分マイナス

のため、差し引きで料金総額で¥9,200「SIMのみプラン」の方が安くなります。
(実際の支払いでは、上記のように3~26ヶ月目が端末ありプランが高くなっています)

このあたりも考慮しつつプランを決定してみて下さい。

《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》
《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》

5Gプラン【口座振替】

続いて、5Gプラン(口座振替)の料金プランについて見チェックしていきましょう。

これについても「端末付き」「SIMのみ」双方について、月ごとの支払総額の推移を見ると以下の様になります。

《見切れる場合は、タテ横ともスクロール可能です》

端末も申し込む場合
利用開始月1ヶ月目2~24ヶ月目25ヶ月目以降
月額料金¥0¥3,980¥3,980¥4,480
口座振替手数料¥200¥200¥200¥200
初期費用¥3,000¥0¥0¥0
端末代金¥19,200¥0¥0¥0
代引き手数料¥400¥0¥0¥0
キャッシュバック¥0¥10,000¥0¥0
合計¥22,800¥5,820プラス¥4,180¥4,680
税込合計¥25,080¥6,402プラス¥4,598¥5,148
SIMのみプラン
利用開始月1~24ヶ月目27ヶ月目以降
月額料金¥0¥3,980¥4,480
口座振替手数料¥200¥200¥200
初期費用¥3,000¥0¥0
キャッシュバック¥0¥0¥0
合計¥3,200¥3,980¥4,480
税込合計¥3,520¥4,378¥4,928

このように、クレジットカードと口座振替の違いが、

  1. 口座振込手数料:¥200
  2. 端末代金が代引きで一括
  3. 代引き手数料:¥400

のみのため、クレジットカード払いとそれほど大きくは変わりません。

この辺り、他のモバイルルーターの口座振替の場合、

  • キャッシュバックが適用にならない
  • 特典が適用とならない

というように、大きなマイナスがあるのと比べると、

  • 口座振替の方には非常におすすめのWiMAX

であると言えるでしょう。

《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》
《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》

4G(WiMAX 2+)プラン【クレジットカード】

続いて、4G(WiMAX 2+)プラン(クレジットカード払い)の料金プランについてみていきましょう。

「端末も申し込み」「SIMのみ」双方の、月ごとの支払い総額は以下の形となります。

4G(WiMAX 2+)プランは「auスマートバリュー」「UQWiMAXギガMAX割引」対象のため、適用後の金額も表示しています。

《見切れる場合は、タテ横ともスクロール可能です》

端末も申し込む場合
利用開始月1ヶ月目2ヶ月目3~24ヶ月目25・26ヶ月目27ヶ月目以降
月額料金¥0¥3,980¥3,980¥3,980¥4,480¥4,480
初期費用¥3,000¥0¥0¥0¥0¥0
端末代金¥0¥0¥0¥830¥830¥0
キャッシュバック¥0¥17,000¥0¥0¥0¥0
合計¥3,000¥6,020プラス¥3,980¥4,810¥5,310¥4,480
税込合計¥3,300¥14,322プラス¥4,378¥5,291¥5,841¥4,928
ギガMAX月割時¥3,300¥14,872プラス¥3,828¥4,741¥5,291¥4,378
スマートバリュー時¥3,300¥15,422プラス¥3,278¥4,191¥4,741¥3,928
SIMのみプラン
利用開始月1~24ヶ月目27ヶ月目以降
月額料金¥0¥3,980¥4,480
初期費用¥3,000¥0¥0
キャッシュバック¥0¥0¥0
合計¥3,000¥3,980¥4,480
税込合計¥3,300¥4,378¥4,928
ギガMAX月割時¥3,300¥3,828¥4,378
スマートバリュー時¥3,300¥3,278¥3,828

4G(WiMAX2+)プランと5Gプランを比較すると、違いは、

  1. キャッシュバック金額が¥17,000
  2. auスマートバリューmine・ギガMAX月割が適用

の2点となります。

au・UQ mobileスマホはおすすめ

特にau・UQ mobileのスマホを使っている方はそれぞれ、5Gプランに比べ以下の金額安くなります。

【auスマホ】

  • キャッシュバック増額分増額分:¥7,000
  • auスマートバリューmine:期間総額¥12,000
    (12ヶ月使用時)

  合計:¥19,000(税込¥20,900)

【UQ mobileスマホ】

  • キャッシュバック:¥7,000
  • ギガMAX月割:期間総額¥6,000
    (12ヶ月使用時)

  合計:¥13,000(税込¥14,300)

この様に、特にauもしくはUQ mobileのスマホを持っている場合、WIMAX2+の方が支払い総額で¥13,000 〜 ¥19,000とかなりの金額が安くなります。

このため、まだ本格的に5Gの運用が始まっていない現在、

  • au・UQ mobileスマホと同時使用する場合はWiMAX2+がオトク

となるでしょう。

《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》
《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》

4G(WiMAX 2+)プラン【口座振替】

最後に、WiMAX2+プラン(口座振替)の料金プランについて見ていきましょう。

「端末付き」「SIMのみ」それぞれの、各月の支払い総額は以下の形となります。

4G(WiMAX 2+)プランは「auスマートバリュー」「UQWiMAXギガMAX割引」対象のため、適用後の金額も表示しています。

《見切れる場合は、タテ横ともスクロール可能です》

端末も申し込む場合
利用開始月1ヶ月目2~24ヶ月目25ヶ月目以降
月額料金¥0¥3,980¥3,980¥4,480
口座振替手数料¥200¥200¥200¥200
初期費用¥3,000¥0¥0¥0
端末代金¥19,200¥0¥0¥0
代引き手数料¥400¥0¥0¥0
キャッシュバック¥0¥17,000¥0¥0
合計¥22,800¥12,820プラス¥4,180¥4,680
税込合計¥25,080¥14,102プラス¥4,598¥5,148
ギガMAX月割時¥25,080¥14,652プラス¥4,048¥4,598
スマートバリュー時¥25,080¥15,202プラス¥3,498¥4,048
SIMのみプラン
利用開始月1~24ヶ月目27ヶ月目以降
月額料金¥0¥3,980¥4,480
口座振替手数料¥200¥200¥200
初期費用¥3,000¥0¥0
キャッシュバック¥0¥0¥0
合計¥3,200¥3,980¥4,480
税込合計¥3,520¥4,378¥4,928
ギガMAX月割時¥3,520¥3,828¥4,378
スマートバリュー時¥3,520¥3,278¥3,828

このようにBIGLOBE WiMAXの口座振替でのWiMAX2+プランは、

  1. 口座振替でもマイナスが少ないBIGLOBE WiMAXの料金体系
  2. au・UQ mobileスマホとの同時使用での割引

のため実は、

WiMAX2+の口座振替

 ① BIGLOBE WiMAX
     +
 ② au・UQ mobileスマホ


口座振替で支払った場合の、通信費トータル(=ネット回線代+スマホ代)が1番安い

となります。

上記の理由から「口座振替でau・UQ mobileスマホと同時使用したい!」という方は、BIGLOBE WIMAXが1番おすすめとなるでしょう。

《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》
《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》

キャッシュバックの手続きについて

キャッシュバックの手続き

ここで最後に、BIGLOBE WiMAXのキャッシュバックの手続きの流れについてご紹介して終わりましょう。

まずキャッシュバック手続きの注意事項は以下となります。

条件
  • 契約と同時のデータ端末の申し込み
  • 特典付与前に料金の滞納が無い
  • 特典付与前にBIGLOBE WiMAXを解約していない
金額
  • ¥10,000(5Gプラン)
  • ¥17,000(WiMAX2+プラン)
手続き期間

【5G】
サービス開始翌月の15日目を初日とし45日間
(例:8/15が初日 → 9/28まで)

【WiMAX2+】
サービス開始翌月の2日目を初日とし、45日間
(例:8/2が初日 → 9/15まで)

このように条件については、5Gプラン・WiMAX2+プラン共に同じものとなっていますが、
手続き期間については、両者で違いがありますのでご注意下さい。

キャッシュバック手続きの流れ

それでは実際に、キャッシュバック手続きの流れを追っていきましょう。

詳しくはBIGLOBE WiMAXのキャッシュバック手続き案内ページにて、画面のキャプチャー付きで案内がありますので、そちらもあわせてご覧ください。

① マイページへログイン

まずはBIGLOBE WiMAXを契約すると付与されるIDパスワードを使って、マイページへログインをします。

② 特典一覧を確認

BIGLOBE WiMAXのサービス開始となると、マイページのトップページに特典一覧が表示されます。

この中に「BIGLOBE WiMAXキャッシュバック特典」という部分がありますのでそちらを確認します。

③ 「受付番号」を控える

手続き期間になると「BIGLOBE WiMAXキャッシュバック特典」のエリアに、「受取手続きへ」のボタンが現れます。

また同じエリアに、

  • 英字4桁+数字6桁~8桁の「受付番号」

が表示されるためそれをメモして控えておきます。

④ 「受取手続きへ」ボタンをクリック

「受付番号」を控えたら、「受取手続きへ」ボタンをクリックして次の画面へ移行してください。

⑤ CASH POST画面

「CASH POST」と言う送金サービスの画面へ移行しますので、
控えておいた「受付番号」を入力し、さらに次の画面へ移行します。

⑥ 振込口座入力

金融機関の入力画面になりますので、

  • キャッシュバックの振込先に指定したい口座

についての情報を入力していきます。
完了したら「確認」のボタンを押し、確認画面に表示された口座名をチェックします。

口座名があっていればこれで無事キャッシュバック手続きは終了となります。

細かく段階を分けて説明しましたが、要は、

  1. マイページへ行く
  2. 専用画面でキャッシュバック振込口座を入力する

のみとなります。

一部のネット回線と違い、入力内容の確認などもきっちり表示されるため、
キャッシュバックの受け取り忘れなどの心配は無いでしょう。

《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》
《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》

申込みページの「クーポン」は存在しません

ここで最後に今1つ、本記事の主題の「キャンペーン」に関係して1点確認して終わりましょう。

それが申し込みページの「クーポンコード」の入力部分です。

クーポンは存在しません

BIGLOBE WiMAXの申し込み画面を入力して行くと、

  • 後半部分に「クーポンコード」の入力部分

があります。
こういったものがあると、クーポンの存在が気になるところですが、
実は現状、BIGLOBE WiMAXではクーポン・クーポンコードは存在しません

系列のBIGLOBEモバイルではクーポンコードが存在しますが、BIGLOBE WiMAXではクーポンコードはありませんので、
気にせず無視してその先へ進んでいただければと思います。

BIGLOBE WiMAXのキャッシュバックまとめ

BIGLOBE WiMAXまとめ

以上BIGLOBE WiMAXのキャッシュバック、またメリット・デメリットについて見てきました。

最後に今一度キャッシュバック・メリット・デメリットについてまとめておきましょう。

BIGLOBE WiMAXのメリット
  1. SIMのみの契約も可能
  2. 契約期間の縛りが1年だけ
    (WiMAX最短)
  3. 解約金が1100円と非常に安い
  4. 5Gの料金が4G( WIMAX2+)と同額
  5. 口座振替での契約が可能
  6. 月額料金が¥550割引(24ヶ月間)
  7. サービス開始月は月額料金が無料
BIGLOBE WiMAXのデメリット
  1. 端末代金がかかる
  2. ハイスピードプラスエリアモードが有料
  3. 5Gはauスマートバリューmineが非適用

BIGLOBE WiMAXは、料金面では必ずしも「最安のWiMAX」ではありませんでしたが、
この様に、「BIGLOBE WiMAXだけの特徴」である、

  1. SIMのみプランがある
  2. 契約期間の縛りが1年と短い

がありました。
双方とも、BIGLOBE WiMAXのみで実施されている施策で、
ニーズがバッチリ合う方には、BIGLOBE WiMAX1択となるでしょう。

非常にメリットがはっきりしたWiMAXですので、気になる方は是非検討してみてください!

《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》
《WiMAX唯一の“SIMのみ”,“1年縛り”》

コメント